FC2ブログ

入院しました

6/30

このブログ、7/2に日赤から一時帰宅許可を貰って書いています。

29日は何事も無く、平穏無事に過ごせました。その夜も、食事を7分目くらいで止めて、夜もグッスリ眠れました。
このまま石も暴れずに、数年はいけるかと思った30日。

朝は何時ものように厚切りトースト2枚にバター、お稲荷さんを一個食べ、朝ドラのおひさまを見て、500mm望遠を担いで、ウォーキング開始です。今日は思いがけず、雛のいる一家に全部会え、大いに時間が掛かってしまいました。もう帰り道に掛かった10時過ぎ、何時もの様に、何やらお腹が重くなって来ました。まさか、今頃来たと思っている内、どんどん痛くなってきました。

家に帰って、ゴロゴロとしていましたが、11時過ぎには相当な痛さ、強烈と言うか、猛烈と言うか。
12時過ぎには、痛みも限界、かみさんが行っている実家にTELして、戻ってもらうようにしました。
1時過ぎにかみさん帰って来て、痛いまま日赤に直行です。もちろん電話して、指示を伺ったら、外科の窓口に
直接来いとの事。

先日見ていただいた、か○○た先生に見ていただきました。
もうこれは胆石の発作。何、昨日もやったの。もう取りなさい。   はい。

処置室に移って、ベットに寝て、血液やら血圧測定、等を受け、痛み止めを打って貰いました。点滴でした。
その内、何時ものように痛みが、突然無くなり、凄く楽になりました。
うとうととしていると先生が入ってきて、血液検査の結果、肝臓の具合が悪い。これは胆汁が胆管で滞っていると起こるので、詳細に検査する必要がある。、この肝臓の異常は重く受け止め無くてはいけません。場合によっては重篤な症状になる場合も有る。
だから、緊急入院を勧めます。
宜しくお願いします。

看護婦さんに薦められ、乗りたくない車椅子に乗せられ、小さな看護婦さんがヨイショと押し始め、外科病棟の4階まで、人ごみの中を通って来ました。恥ずかしくて小さくなっていました。

訳も分からずベットに寝かされ、でっかい点滴に代わりました。痛みは当に無くなっていましたので、何のための点滴か分かりませんでした。

先生が来て、肝臓の胆汁が滞ると、胆汁に細菌が付きやすくなる。それを放っておくと、細菌が体中に周り敗血症等の重篤な病気にかかってしまう。それを出ないようにするには点滴をどんどん打って、流す様にせねば成らないので処置したとの、分かりやすい説明で納得しました。

ただ痛いのを取ってもらおうとしましたが、そのウラには大きな落とし穴があったんですね。我慢強いのも程ほどにしなければなりませんね。

そんな訳で、食事は出来ません。空きっ腹で、数日過ごすようです。

30日は、そのまま過ぎ、点滴の袋5個分、真夜中も看護婦さんが取り替えて行きましたよ。
こんな感じで点滴の針を刺して、チューブは一回転させて外に出ています。
IMG_0841_20110702112347.jpg

こんな点滴薬に
IMG_0842_20110702112346.jpg

こんな点滴薬も。もう一種類有りましたが寝てしまって撮れませんでした。これは、夜中に取り替えていった時、目を盗んで写しました。
IMG_0844_20110702112346.jpg

6人部屋を4人部屋にしていました。一人分の居住スペース。壁に禁食との看板。エサをあげるなという事です。
IMG_0845_20110702112346.jpg

一枚1000円のカードを買って見れるテレビ。地デジです。BSは有りませんでした。
IMG_0850.jpg

スポンサーサイト



カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

やすさん

Author:やすさん
水戸に住む自転車大好きオヤジ。
カメラ片手に毎日のウォーキング、ポタリングで季節の移ろいや水戸の自然等を写真で紹介して行きます。

BBSはこちら
写真も貼れるBBSです。
YasuBBS
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR